dmというダイレクトにメールの特徴を説明します

dmすなわちダイレクトメールとはその名の通り、企業から顧客に対して送られるダイレクトなメールのことです。事業などを行っていくうえでの宣伝ツールのひとつです。チラシや野立て看板、さらにはネットワークの普及によることでポップアップ広告なども宣伝ツールと言えるでしょう。ですがダイレクトメールはこれらのツールとは異なります。それは不特定多数の人にアピールするものではなく、嗜好性に応じ適した情報を確実に顧客に対して届けることができるという点です。前述したツールに関してはエリアを限定した広告なので誘導などには適し、新規顧客の獲得という点で優れています。ですが利用したことのある顧客に対しての再来店を促すものには適していません。ですがダイレクトメールは一度利用した顧客や、興味があって登録した顧客。つまり企業が情報を持っている顧客に対してしか送られない為前述のツールよりも適していると言えます。

ダイレクトメールで情報を送るメリット。

ダイレクトメールは企業の利用履歴、送る相手の個人情報に応じて、情報を知ってもらいたい層の人間に対してダイレクトに送付することができます。なので、チラシ等よりもそれぞれにあわせた情報が届けられるため、顧客の興味をよりひくことができ、再来店や再購入などを効果的に促すことができます。さらにはそのダイレクトメールにクーポン券などを付けておくことで、そのメールに記載した伝えたい情報がどれだけ届いたか、またその情報がどの層に対して反響があったのかを計測することもできます。ここで得た情報をもとに企業は次のdmでどの層に対してどのような情報を伝えることがより効果的なのかを検証することができます。またクーポン券を使用した顧客は、商品をより安く購入できるので顧客の満足度も同時に高めることができると言えるでしょう。

ダイレクトメールのデメリットとその対策方法。

効果的な宣伝ツールであると言えるダイレクトメールにもデメリットが存在します。まず顧客情報がない、または少ないとそもそもダイレクトにメールを送ることができません。新聞をとっている人には必ず折り込まれているチラシとは違い、顧客ひとりひとりに対して送付する必要がありますので、住所や氏名などの情報を必ず得ておかなければなりません。このデメリットへの対策としてはアンケートや会員登録などで顧客の情報を集めることで解決します。次にチラシなどと比較してdmの方が宣伝費用も掛かってしまうということが挙げられます。なぜかというと、新聞などに折り込むチラシは新聞を配達する際に一緒に配られますが、dmは各家庭に個々に配達する必要があります。そのため、住所を打ち込む人の人件費や配送料が掛かるのでコストが高くなってしまいます。このように、メリットもデメリットもありますが、それを踏まえて効果的に活用したいですね。

メールでのお問合せは24時間受付中です。 ダイレクトメールの申請、印刷、宛名印字、郵便番号区分、発送までのワンストップサービスをご提供します。 DMパックならDM発送完了までお客様のダイレクトメール作成をバッチリサポートするので安心です! DMパックならDMが初めての担当者様でもOKです。 Dmパックサービスでは印刷・加工から投函まで7~9営業日で完結いたします。 DMパックでダイレクトメールの印刷や作成を依頼しよう!