出産祝いに関するマナー

出産祝いは、品物も渡すタイミングもなかなか決めづらいお祝いの一つです。ほとんどの場合、出産後一週間から10日は母子ともに入院していますので、まずはメールなどでお祝いをいい、退院後落ち着いてから生後一ヶ月くらいまでの間にお祝いを持参します。母親と親しい間柄であれば事前に確認を取ってお見舞いに行くのも良いですが、品物の出産祝いは荷物が増えるので病院への持参はお勧めできません。また、この時期は母親も赤ちゃんも抵抗力が弱くなっていますので、小さい子がいたり風邪などの感染症にかかっている場合には訪問は見送りましょう。病院にしろ退院後の自宅にしろ、まだ小さい赤ちゃんに手がかかる時期ですので、訪問する時は短時間で帰るのがマナーです。
出産祝いの額は、付き合いによって5000円~1万円程度が一般的です。品物にする時は種類がたくさんあるので迷いますが、オーソドックスなものは他の人のお祝いと重なる可能性がありますし、個性的なものは親の好みもありますので、できれば事前に確認してから選ぶのが無難です。なお、オムツや肌着などの消耗品にしても、赤ちゃんによってはアレルギーなどで特定の銘柄しか受け付けないことがあります。

風船については花ことば品揃えが豊富!欲しい風船が見つかります! 自分で作れるバルーンアーチセットが1万6800円~となっており、商品代金が1万5千円以上の場合送料が無料になります。
キッチングッズの実績一覧│ノベルティグッズなら力匠アイデアあふれるノベルティグッズをお届けします。 オリジナルの名入れ商品であっても、中国工場や中国事務所との連携により低料金での作成、提供を実現しています。