どうすればdmのダイレクトメールは安く送れるか解説

主にSNSを頻繁に利用する方のdmとはダイレクトメッセージの略のことで、送信ユーザーと受信ユーザーのみ見ることが可能な非公開メッセージのことを言います。TwitterやインスタなどのSNS上で、タイムラインの中でフォロワーと会話する際に、個人情報などリプライでは知られたくない内容や話題がある時にこのダイレクトメッセージが送れるメールはとても便利です。文章だけでなく、写真の送受信も可能で、他のユーザーに見られることもないので、安心してやり取りすることができます。dmは1対1だけではなく、複数人とチャットのように会話することも可能です。dmはダイレクトメッセージの略の他にも、ダイレクトメールの略として捉えられます。ダイレクトメールは主に企業が活用するものになります。

ダイレクトメールの有効活用法とは

ダイレクトメールというdmは、ハガキや手紙を送る手法のことをいいます。主に企業側が、お客さんに向けてハガキを送り販売促進を行う時に利用されます。新規の顧客に向けてよりも、既存の顧客に向けて行うことの方が多いです。ダイレクトメールの特徴は、折込チラシよるも反応率が高いことです。既存の顧客に向けて送る場合でも人数を絞って送る場合には、商品やサービスにより興味のある方に送るようにすることです。例えば、通販カタログであれば、過去に一度でもそのカタログから商品を購入したことがある方に送った方は、再度購入してくれる可能性も高いといえます。このようにリピート率を高めることを目的としてdmを活用することの方が費用対効果も良いです。まれに新規顧客獲得に際にも活用されることもあります。

ダイレクトメールを少しでも安く送るには

dmのダイレクトメールを送るメリットとしては、カタログや小冊子にして送ることも可能なので、伝えたい情報量を増やすことができたり、クーポンなどを付けて反応率を知ることができるというところです。デメリットは、折込よりも、デザインや企画などにこだわって作成するので、コストがかかるというところです。また、事前に顧客の住所や名前を調べておかなくてはいけないので手間もかかります。リピート率を高めることを目的とする通販業界や理美容院、イベントや展示会を開催する業界がdmをよく活用しています。ダイレクトメールを安く発送するには、まず複数の運送会社から見積もりをとり、全体でどのくらいの費用がかかるか価格比較する必要があります。比較した中で、安い運送費のところを選ぶといいでしょう。また、大きさによって運送費も変わってくるので、送るものの大きさも検討すると、より安い運送費で済んだりします。