オススメdmのダイレクトなメールを送る方法

dmとは、ダイレクト・メールとも言われています。特定の消費者に向けて、購買を促進させるためや情報を提供するために郵送や電子メールなどを使って通知する手段のことを言います。よく買い物に行った際に、会員登録をすると、それから定期的に新商品の案内や、お得なキャンペーンのお知らせなどが届いたりします。これがdmです。しかし、中にはあまり内容を確認せず破棄されてしまう方もおられるかもしれません。ダイレクトなメールは、場合によっては魅力的でお得な内容が書いてあったりするので、確認すると良いでしょう。そんなダイレクトなメールのお得な活用法について紹介します。また、ダイレクトなメールをどのようにして送るのが、できるだけ多くの人に内容を見てもらえるのに、有効なのかについても紹介します。

dmに電子メールを使うメリットとは

dmの手段のひとつに電子メールがあります。印刷物を作成する手間も省けますし、印刷代や郵送代もかからないので、手軽で便利な一面があります。また、一斉に送ることができるので時間を取りません。緊急に何か告知したい時や、新企画をお知らせしたい時などに便利かもしれません。ただし、開封率が低く、見てもらえない場合も多いです。もしかすると迷惑メールと判断されて、ブロックされてしまうこともあるかもしれません。また、高齢者を中心にインターネットを使っていない家庭もありますので、インターネット環境がない家にはそもそもダイレクトメールを送ることができません。しかし、電子メールでダイレクトメールを届ける場合には、若年層にターゲットを絞って案内をすると開封率が上がることも期待されます。

dmでハガキを使うメリットとは

dmの手段として、電子メールの他に役割が大きいものに、ハガキで郵送するダイレクトなメールがあります。手に取って見てもらいやすく、レイアウトを工夫すれば見やすくて興味を持ってもらいやすいです。切手を貼ったり、手書きを入れると、手間がかかる分、相手にも伝わりやすいです。一度、お客様としてお世話になった方には、この方法がおすすめです。セールスマンが一軒一軒、家をまわってお知らせするよりも効率的かと思われます。しかし、ダイレクトなメールの目的が新規開拓の場合は、注意しなければなりません。個人情報の取り扱いが厳しくなっている今、いきなりハガキで送っても、無断で個人情報を取得されたと疑われることが多いです。一度、電話でハガキを送ってもいいのかなど確認をした上でダイレクトなメールを届けると良いでしょう。