自分でもできるdmというダイレクトメール

販売促進の手段としてよく知られているdmは、伝えたいメッセージを記載した封書やハガキ、またリーフレットなど等の媒体物を作成しダイレクトに相手の手元に届けるマーケティング活動のひとつです。最近は、インターネットの普及から電子メールの活用が増えていますが依然として、dmと言えば紙媒体によるお知らせを思い浮かべると共に紙のdm作成は減っていません。その理由は、紙媒体にはとても重要となるメリットが存在しています。それは特定の個人に対して確実に直接届けることができる点であり、まず相手にアプローチすることがマーケティングの出発点となります。作成に関しては専門業者に依頼するだけでなく、あえて自分で手書きのメッセージやイラストをしたため、手作り感を訴求し差別化を図ります。最後に紙媒体のdmの課題は、開封されるよう興味を掻き立てるデザインやキャッチコピーがポイントとなります。

効果性の高いダイレクトなメールのdm制作と活用方法

作成の仕方で効果が得られるdmは、受取る顧客の立場で作成を考えることが基本となります。加えて効果を上げるには、ダイレクトなメール内容の作成にちょっとしたアイデアと創意工夫が必要です。効果性の高いdm制作のポイントを説明します。第1は特定顧客の絞り込みです。地域や年代、趣味嗜好などの基準を定めてアプローチ顧客を設定しヒット率を高めます。第2に開封率アップのためクーポン特典等のチケットを同封し、顧客の関心を高めます。第3がdm発送タイミングです。シーズン歳時記に関連したモノやコトであれば、定まった時期に必ず届くよう計画します。第4としてモノや企画だけでなく話題や旬のトピックスを提供し顧客との絆を深める活用です。第5に文字情報に偏ることなく写真やイラスト等のビジュアルを活用し情報の整理整頓に繋げます。最後に5つの制作ポイントは、業者が考案するものでなく情報の送り手が中心となり起案すべきです。

レスポンス率の高いdmのダイレクトのメール内容について

反応の良く注文や集客など結果を出すdmをひも解きます。ダイレクトなメールは顧客の潜在的な意識であるウォンツを擽り、購買意欲を高め売上増伸や集客拡大に結び付く効果的な販売プロモーションです。例えば届けられた封書dmは開封が大前提となりますから、読んでもらえるよう顧客の興味を引き心に響く内容が求められます。またレスポンスが高いdmの特徴は、最後まで読みたくなるようメリットとお得内容が盛り込まれ、あなただけ等の特別感や限定訴求が明確になされていることです。デザイン仕様も読み手の視線を考慮し、おすすめしたい情報を最も視線が向く位置に配置するなどデザインを科学的にレイアウトされています。加えてdmに躍動感を出すため色の訴求を強化、得にシーズン性を意識した色調のdmは開封率が高い結果が出ています。このような内容が購買等の高いレスポンスに結び付くdmと考えます。