dmというダイレクトなメールの上手な活用方法

dmとも略されることの多いダイレクトメールは、メールや郵便を利用して企業が行っている営業・宣伝のひとつで、誰しも一度は目にしたことがあるでしょう。そんなダイレクトメールには、はがきやポストカード、電子メールなど顧客へのアプローチ方法はいくつか種類があります。例えば、ダイレクトメールの中でももっとも手軽に取り入れやすいはがきは、手に取るだけで情報を一目で把握することができるという特徴があり、利用用途も幅広いポストカードは、dm初心者でも取り入れやすいといったメリットがあります。また、ダイレクトメールを送るとなるとはがき代や郵送料など費用がかかってしまいますが、電子メールであればこうした費用をかけることなく、顧客に商品を宣伝することができるので、近年は電子メールでダイレクトメールを送る企業も増えています。

ダイレクトメールのメリット&デメリット

ダイレクトメールのメリットはいくつかあります。例えば、写真やイラストを添付することのできるdmは、視覚に訴えることができるなどdmを見るだけで顧客に商品のイメージを伝えることができるというメリットがあります。また、dmの形というのはさまざまで、封筒にカタログやDVDなどを同封すればより多くの情報を顧客に伝えることが可能であったり、商品サンプルなどを同梱すればより宣伝効果が期待できるといえ、顧客の商品購入にも繋がりやすくなるといえます。しかし、dmを送るとなると当然ながらコストがかかってしまいます。はがきであれば一枚当たりの郵送料はそれほどかかりませんが、枚数が多くなればなるほど郵送にかかるコストは当然増えていきます。また、商品のカタログであったり、サンプルを同梱して送るとなると、はがきで送るよりも割高となるなどデメリットとなる場合もあるので、ダイレクトメールを送る際には注意も必要です、

ダイレクトメールの上手な活用方法とは?

ダイレクトメールを上手く活用すれば企業にとってのメリットも大きくなることから、近頃はユニークなdmで集客率をアップさせている企業も増えています。dmの活用方法は多岐にわたりますが、企業にとって集客や販売促進はとても重要で、一度だけでなく、2度、3度と顧客に商品を利用してもらうためには、顧客のリピート率を上げることは何より大事なことです。そのため、企業の中には新規に商品を購入した顧客に感謝の気持ちを込めてサンキューダイレクトメールを送るというところも多く、取り入れた企業の中には顧客のリピーター率が2割近くアップしたという事例もあり、顧客のリピート率を上げたいならこうした活用方法もおすすめです。また、dmを顧客に送る場合はdmの開封率をアップさせることも大事ですが、顧客がdmにも興味を持ってもらえるようインパクトのあるdmであれば、顧客のdmの開封率も増え、結果企業の利益にも繋がるといえます。